衣服のような家 A home like clothes

2013/ Private house/ Nagano

 

春が訪れた日には、目の粗いカーディガンを通して心地よい風を感じ、雨が続く日には、軽やかなレインコートを着て走り回り、陽射しの強い夏の日には、つばの深い帽子にさらさらのTシャツを着て涼しさを感じる。そして木々が色付けば、ウールのジャケットの襟を立てて風を切り、雪がしんしんと降り続く日には、空気のたっぷりつまった羽毛のダウンを纏って暖かさを感じる。

人は身体全体で呼吸するかのように衣服を選び、脱ぎ着して、環境をやわらかく身体の奥へと引き込んでいく。そんな衣服のような家を今計画している。まるで衣服を脱ぎ着するような軽やかな感覚で家を動かしていくことで、自由で楽しい、全く新しい家のかたちが作られことを期待している。

The feeling of a brisk breeze through a rough cardigan on a spring day; running around wearing a light raincoat in the rainy season; feeling cool with a wide brimmed-hat and a light T-shirt under the scorching summer sun. When the leaves change color, the sensation of the wind on the turned up collar of a wool jacket; feeling warm while wearing a down jacket on a silent, snowy day.

People may choose clothes as if they breathe through the whole body, taking them on an off, and drawing in the environment deep inside the body. We are now planning a home similar to clothes. The family that freely manipulates the home as they do their clothing can appreciate the unfettered, pleasant, and totally innovative form of home.

 

photo by Kai Nakamura