stir

2018/ Restaurant & House/ Tokyo

まちを動かす小さな生態系としての建築

人の気配が漂う狭い路地、分刻みで電車が行き交う鉄道高架、2020年に向けて建設中の幅の広い都市計画道路。敷地は異なる三つの環境に挟まれた特異な場所に位置している。その異なるスケールや距離感、速度、音、明るさといったものに反応しながら、環境と共に立ち上がる建築を考えた。

4層で構成される建物は、1階が店舗、2~4階が個人の住宅となっている。1階には和食店が入り、2年間路地に入口を設けて界隈を築き、その後計画道路が開通した際はそちら側がもう一つの顔となって町へ大きく開かれていく。また住宅部分は容積最大まで床を作りつつもヴォリュームを大きく取ることで、テラスや吹抜けが一体となった外との繋がりの強い構成を採っていく。

こうして積層された4枚のスラブに対し、内外を練り上げて(ステアして)いくように、階段を敷地全体に大きく廻していく。路地を歩いていくとその延長として階段が浮かび上がり、高架をかすめるように建築に潜り込み、さらに内部をぐるりぐるりと回って建物上へと抜けて行く。動きを持ったこの階段は、空間を圧縮したり緩めたりしながら周囲の環境と呼応した場を生み出していく。人の動きを纏い、人の気配を定着させるそれは、暮らしの中心にありつつも、どこか人から離れた都市の骨格のようなスケールを持っている。それが場の発見を促し、ここに住まう豊かさに繋がるのではないかと考えた。

そして路地には階段の形を介して住人の気配が漂い広がっている。それは民家が軒を出したり縁側を回したり鉢植えを並べたりするのとは違った、都市における界隈への参加の仕方の一つと考えている。さらに建物を押し広げるように上っていく階段が作り出すテラスも、暗く淀んだ袋小路に光と風を流し込み、住宅としての新たな構えを作り出している。

こうして環境に呼応して立ち上がる建築が、小さな生態系を作り出すようにまちをゆっくりと動かし始め、この土地固有の繋がりと豊かな開放感を作り出すことを期待している。