土のジュエリーショップ Soil Jewelry Shop

2015/ Shop/ Osaka

 

大阪心斎橋にある某ジュエリーショップの改装コンペ応募案である。数多くのブランドショップが軒を連ねるこの場所で、他と大きな差異化を図りつつ、飽きの来ない新しい店舗デザインが求められた。そこでこのエリアで使われることのない土という自然素材を再解釈して用いることで、入りやすさと同時に周辺との間に大きな距離を生み出そうと考えた。種類の異なる土に少量のセメントを混ぜて積層させ、版築と呼ばれる土壁を作っていく。街はスチール、アルミ、コンクリート、ガラスといった人工建材の組み合わせとその形態の奇抜さで構成されている。その中において、土の物質性がいかにデザインの強度引き上げられるかを考えた。

This is the competition proposal for a jewelry shop located in Shinsaibashi of Osaka. It is required to achieve differentiation from the other luxury brand shops and while creating an unwearied new design. We reinterpreted natural soil-which is not used in this area- and tried to ease into the surroundings. The earthen walls called hanchiku are made by layering different types of soil with cement. The city consists of a striking combination of artificial building materials like steel, aluminum, concrete, and glass. We considered how the soil intensifies the design.